ダンスフロアでのマナーについて

ダンスフロアは社交場です。
スイングダンスは楽しいダンスですが、ダンスフロアでのエチケットやマナーが守られていない場合、
知らずにほかの人に不快な思いをさせているかもしれません。
皆でマナーを共有して、だれにとっても居心地の良いフロア作りにご協力ください。

★におい、アクセサリー
スイングダンスは相手との距離が近くなるダンスです、口臭や汗、きつい香水に注意しましょう。
汗をかいたらこまめにふきとる、着替えをするなど対策を。
大きな指輪、チェーン、腕時計などは相手を傷つけるかもしれません。
踊るときは事前に外し、紛失しないようご自身で管理してください。
★ダンスに誘う/誘われる
スイングダンスはリーダーさん、フォロワーさんどちらから誘ってもOK!
お気に入りのダンサー、ビギナーさんだけを頻繁に誘っていませんか?
リード/フォローの割合傾向として、フォロワーさんのほうが多い事が多いです。
まんべんなく皆さんが踊れるように、少し配慮をしていただければ、つまらない思いをする人が減るのでは?
リーダーさんが少ない場合、彼らは休みなく踊っていることを考慮して、誘いましょう。
また、お話し中の人、他のことをしている人を誘う場合、ひとこと添えてから誘いましょう。
疲れているときなどダンスを断る場合は、「休憩中だから、ごめんなさい」など、理由を伝えてお断りしましょう。
★レベルについて
どんな人もまったく踊れない時期があって、上級者の方に育ててもらったはずです。
レベルに関係なく誘いあって、スイングシーンがますます盛り上がれば良いですね!
上級者の方は初心者の方ができること/できないことを考慮して踊ってくださいね。
また、初心者の方は上級者の方にお任せして、素直に楽しんでください。
「ごめんなさい!」ではなくお互いが「ありがとう!」という気持ちでダンスを楽しめたら最高です!
また、根気よく踊ってくれた上級者の方へは、上達することでお返しすれば、シーン全体のレベルアップにつながるのでは?
★リード/フォローが痛い場合
ムリなリード/フォローは禁物です。
もし、相手の方のリード/フォローが痛い場合、具体的に「ここが痛いので気をつけてもらえますか」と伝えましょう。
ただし、相手の方もわざとしている事ではないので、ワンクッションの言葉を添えてくださいね。
★混んだフロアで踊る場合
大きなロックステップ、スイングアウトは極力しないように心がけてください。
リーダーさんはターンや、オープンポジションに移行するときは、他のダンサーの動きをよく見て。
自分が踊っているフォロワーさんを守るため、他のダンサーを押しのけるのはマナー違反です。
また、フォロワーさんも自分の身を守れるよう自分が進行する先を目視してください。
ぶつかってしまった、足を踏んでしまったとき、必ず「ごめんなさい」を言いましょう。
★エアステップなど危険な技
ソーシャルダンスのフロアでは、他のダンサーの動きは予測できません。
エアステップなど、危険な技は絶対にしないでください。
事故になってしまった場合、ケガをさせた人、ケガをした人、周りのダンサーすべてを嫌な気分にさせてしまいます。
★教える/教わる
グループレッスン中は全体の進行が乱れないように、ローテションのリズムを守りましょう。
分からないことがあるときは踊っている相手ではなく、インストラクターに尋ねましょう。
あなたは教え魔になっていませんか?
親切で教えているつもりでも、ソーシャルでダンスを楽しんでいる最中に教わることを相手は望んでいないかもしれません。
また、教えてもらう場合、その人の厚意で時間を割いてもらっていることを忘れずに。
初めての方は、フリーレッスンや、定期レッスンを受けられてからの参加をお勧めしています。
(数分でパーティー中に自由に踊れるようになるほど、教える/学ぶ事は不可能です)
★ソーシャルフロアでの練習
ソーシャルダンス中に鏡の前に陣取って練習するのはマナー違反です。
ダンスフロアが空いていて、周りの人に迷惑がないか確認してから、節度をもって行いましょう。
★動画撮影
ダンスフロアの楽しい雰囲気を記録するのは良いのですが、特定のダンサーを記録する場合はひとこと許可を得てから撮りましょう。
特に、プロダンサーの場合、記録NGの方もおられます。また、彼らもプライベートでダンスを楽しんでいることを忘れないで。
また、ダンスフロアの邪魔になるところでの撮影もNGです。
動画撮影は、敬意と節度をもって行ってください。
★Jam(誕生日ジャム/スノーボールジャムなど)
危険な奪い方をしていませんか?
今踊っている相手は十分な長さを踊っていますか?
相手の状況、曲の構成などを考慮して、スムーズにスティール(ダンスの相手を交代すること)して
お祝いや歓迎の気持ちを伝えましょう。
スノーボールジャムは基本的に踊っている人が、見ていた人を誘って、最終的にはみんなが踊ります。
★小さなお子様連れの方
必ずご両親が目を離さず、お二人が踊られるときはダンサーのお友達にお願いするなどしてください。
また、お子様をだっこをしてのダンスはご遠慮願います。(周りのダンサーも気を遣いますし、事故が起きてからでは遅いからです)。
ダンスフロアでは、他のダンサーの動きを予測するのは難しく、万が一事故が起きても責任を負いかねます。
★ダンスイベント以外のシチュエーションで
ダンスイベント以外のシチュエーションでは、周りにはお食事、音楽を楽しみに来られている方がおられる場合もあります。
周りでバタバタと踊られることを不快に思われる方もいることを忘れないでくださいね。
素敵な音楽で踊りたくなるのは分かりますが、まわりの方に迷惑がかからない程度にダンスを楽しみましょう。
スイングダンスはパートナーと作り上げるダンスです。
自分勝手なダンスにならないよう、常に相手、他のダンサーに配慮して、安全に楽しみましょう!